最近の公共事業

PR| リフォームメーカーのくちこみ情報

私は、公共事業に関わる仕事をする事があります。
土木や、設計などに関わる公共事業は地方では数が減り、入札も最低金額での入札が多く、実質抽選で決まるものがけっこうあります。

「あべのミクス」と「東京オリンピック」で景気が上向きなんて事をいわれていますが、地方にはまだまだ全然その余波が実感できないところが多く、何年かかってこっちまで予算が回ってくるんだろうかと話したりしているのが現状なのです。

ただ、一時期の公共事業自体がだめなものという認識は少し薄れてきたのではないかと思います。もちろん、無駄な箱物や、選挙対策の公共事業はするべきものではないし、税金の無駄使いはだめな事です。

でも、地方を活性化するというのは無駄な公共事業をする事ではなく、地方が中央とのパイプを太くしたり、地方が自ら輝けるものを創設する公共事業は必要なものである。
正しく有益な公共事業、これこそが日本の未来を作り経済を活性化させる手段となりうるのです。

生命保険の選び方|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|JALカード|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話集|英語上達の秘訣|GetMoney|健康マニアによる無病ライフ|ページランク別相互リンク集|主婦の在宅ワーク|