注文住宅は選び疲れを起こしてしまう

注文住宅での家づくりは楽しいのですが、「選び疲れ」というものを起こします。注文住宅はとにかくまあ、自分たちで決めることが本当にもう多いのですよね。とはいっても、注文住宅を建ててくれる建設会社の人がいくつかの選択肢を提示してくれることがほとんどですから、正確に言えば「選ぶことが多い」というものでしょうか。

ですから、とても助かるものではあるのですが、しかしそれでも疲れてしまいます。だってなかなか決められないんですもん。マイホームの壁紙ひとつをとってみても、ひとくちに「白色の壁紙」でも何種類もありますから。「白色」というカテゴリーに分類される壁紙だけでもいくつかあるのに、デザイン違いでもいくつかの選択肢がありますからね。表面にでこぼこな模様が入っている白色の壁紙だってありますし。

また、住宅設備は大きくお金に関わってくることですから真剣ですよ。もちろん「生活」第一ですから機能性は最重視しますけれど、しかし良い設備は高いですから、「選びたいものを選べば良い」というわけにはいかないのですよね。予算との兼ね合いもあって、設備選びが一番疲れたかも知れません。

このように、注文住宅の場合ですと、ざらっとあげただけでも選ぶ項目がいくつかあった、途中放棄したい気持ちが起こるぐらいに疲れましたね。幸せな悩みだとは思いますが。

食べることが好きな家族のための家

料理好きの妻に快適に料理をしてもらったり、家族全員おいしいものを食べるのが大好きなので、ダイニングキッチンを重視した新築一戸建てを建てました

18畳のLDKは、リビングスペースよりダイニングキッチンを大きくとっており、6人は座れる大きなダイニングテーブルが置いてあります。

一般的にはリビングを広く取るのかもしれませんが、一日中お茶を飲んだりおやつを食べたりと、家族がダイニングに集まりたいので敢えてダイニングを最も重視した空間になっています。

そのため、リビングのソファなどはこじんまりしたものを選んでいますが、おいしいものを食べながらたわいもない話をするのが家族全員の趣味と言っても良いほどですので、家を建ててからその傾向がさらに強まったと思います。

後悔していることと言えば、キッチンをIHにしたことで料理の幅が少し狭まったようです。

オール電化住宅なので仕方ないのですが、やはりガスオーブンや火力の強さが決め手の料理も食べたいので、リフォームの際はガスを導入したいと思います。

若者から年配者まで住みやすい武蔵小山

武蔵小山には目黒線しか通っていませんが、目黒駅までは2駅、東京駅・横浜駅にも電車を乗ってしまえば30分程で着いてしまうアクセスの良さが魅力です。

 

駅前は賑やかで、駅直結の駅ビルには東急ストアや無印良品、ドンク(ベーカリー)などが入っています。駅前から約800mも続く、日本最長のパルム商店街は武蔵小山の象徴と言っても過言ではありません。

 

平日は3万〜4万、休日は5万人近くの人が訪れるそうです。レストランやファストフード、飲み屋などの飲食店はもちろん、昔ながらの精肉店や魚屋、ダイソーや金物屋、衣料品店も揃っているので生活に必要なものはパルム商店街で何でも揃います。

 

商店街の歴史が長い事もあり、今でも個人経営の店が多く他の地区より物価が安いのも魅力の一つ。駅や商店街付近では順次警察官がパトロールしているので治安も良く、大人から子供まで安心して暮らすことが出来ます。

 

一人で気軽に入れるカフェや飲み屋も多いので、特に若い単身者におすすめです。

 
PR|新築分譲住宅の間取り図はこう見る|

注文住宅を買えば良かったです

かなり迷いました。でも予算の都合で私たち夫婦は中古住宅を購入したのです。何とか払える金額だったのです。新築住宅はやはり手が出ませんでした。

でもとても後悔しています。買った事を後悔しているのです。もしも戻る事ができるのなら、中古住宅は買わないでしょう。あの時の私に忠告したいです。

いざ住んでみると不満ばかりです。悪いところがいっぱいあるのです。最初は良く見えましたが、やはり悪いところがいっぱいあるのです。

一番気になるのは収納です。収納が全くありません。クローゼットもないのです。押し入れが一階にあるだけです。それもとても狭い押し入れなのです。ここだけでは足りません。だから後悔しています。

広い居間が気に入っていましたが、収納の代わりに棚を置いたらとても狭くなったのです。

新築で注文住宅を建てれば良かったです。収納をいっぱい作る事もできたのです。それなのに安いからと、中古住宅を買ってしまって後悔してます。

住宅を購入して得られるメリットと注意しておきたいデメリット

賃貸住宅に住んでいる人が30代を過ぎてくると住宅を購入するようになってきますが、どのようなメリットを得られるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで住宅を購入して得られるメリットを見ていく事にしましょう。

賃貸住宅を借りる時は初期費用が少なくて済みますが、住宅を購入する時は頭金や諸費用が必要になってくるのでその点は少し大変になりますが、購入費用の支払いが終了したら老後の住居の心配がなくなる点がメリットになります。固定資産税の支払いはしなければいけませんが、賃貸住宅のように家賃、更新料、駐車場代などを支払う必要がなくなるというのもメリットになります。

住宅を購入すると費用の面でメリットを得られますが、デメリットもないわけではないので見ていく事にしましょう。

住宅を購入してデメリットになってしまうのは近所付き合いに問題が発生した時に引越しが出来ない点でしょう。賃貸住宅に住んでいれば近所付き合いに問題が発生した時に引越しをして対応する事が出来ますが、住宅を購入してしまうと引越しをするというわけにもいきません。住宅を購入した時は近所付き合いは上手にしていかなければいけないでしょう。

今流行りのパワービルダー

家の購入を考えて不動産屋にいくと、今の住宅販売市場は2極化されているとの話をよくきく。

注文住宅は人気は落ちないが、ハウスメーカーで建てるとなると費用もかかる。それでも建てたいと願う人は多く、迷わず注文住宅を建築購入する人もいる。

しかしこだわって高額費用をかけて建てたものの、いざ中古で売りに出す時にはこだわりすぎているあまり次の買い手には使い勝手がわからず売りにくいとのこと。また高額で建てたので元のオーナーが値段を下げる勇気がなく、相場に合わないまま売れ残ってしまうケースもあるらしい。

そこで今建築ラッシュなのがパワービルダーとよばれる格安建売物件。こちらは費用を抑えるためにコスト削減、無駄のない資材使用ということで、版で押したようにどの家も間取りは似たようなもので内装もほぼ同じ。立地にもよるが1000万台で新築の購入が可能だ。

しかしコスト削減のあまり、もとの土地は1軒分に対し2軒小さく狭く建てているので、日当たりも十分でない可能性もある。安かろう悪かろうではないにせよ、安いからと飛びついて買って失敗のないようにしたい。

家づくりに床暖房を導入するメリット

家づくりの際に床暖房を導入するメリットとしては、次の3つの点が挙げられます。

 

1つ目は室温を高めるための暖房器具を数多く準備する必要がない点です。床暖房であればエアコンやヒーター、こたつなどを使わずに1つだけで室内を温かくすることができ、更に均一に室温を高めてくれます。

 

2つ目はエアコンやファンヒーターなどを使った時に出る温風の刺激を受けなくて済むという点です。温風を直接肌に受けると肌が乾燥してしまったり、温風が室内のゴミや塵を舞い上げてしまい、アレルギー反応を生じさせたりしてしまうケースもあります。

その点床暖房なら温風を発生させることなく部屋全体を暖めることが可能です。

 

3つ目は床下の断熱効果です。床下は冬場に外気が流れ込んでくる箇所としてまず挙げられる場所です。その床下に暖房設備を取り付けることになるので、足元の寒さをしっかりと防ぐことができます。

 

これらのメリットのある床暖房ですが、どうしても導入費用がかかってしまうのも事実なので、予算をよく検討することも大切です。

PR|新築のローコスト注文住宅探し|