注文住宅を買えば良かったです

かなり迷いました。でも予算の都合で私たち夫婦は中古住宅を購入したのです。何とか払える金額だったのです。新築住宅はやはり手が出ませんでした。

でもとても後悔しています。買った事を後悔しているのです。もしも戻る事ができるのなら、中古住宅は買わないでしょう。あの時の私に忠告したいです。

いざ住んでみると不満ばかりです。悪いところがいっぱいあるのです。最初は良く見えましたが、やはり悪いところがいっぱいあるのです。

一番気になるのは収納です。収納が全くありません。クローゼットもないのです。押し入れが一階にあるだけです。それもとても狭い押し入れなのです。ここだけでは足りません。だから後悔しています。

広い居間が気に入っていましたが、収納の代わりに棚を置いたらとても狭くなったのです。

新築で注文住宅を建てれば良かったです。収納をいっぱい作る事もできたのです。それなのに安いからと、中古住宅を買ってしまって後悔してます。

住宅を購入して得られるメリットと注意しておきたいデメリット

賃貸住宅に住んでいる人が30代を過ぎてくると住宅を購入するようになってきますが、どのようなメリットを得られるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで住宅を購入して得られるメリットを見ていく事にしましょう。

賃貸住宅を借りる時は初期費用が少なくて済みますが、住宅を購入する時は頭金や諸費用が必要になってくるのでその点は少し大変になりますが、購入費用の支払いが終了したら老後の住居の心配がなくなる点がメリットになります。固定資産税の支払いはしなければいけませんが、賃貸住宅のように家賃、更新料、駐車場代などを支払う必要がなくなるというのもメリットになります。

住宅を購入すると費用の面でメリットを得られますが、デメリットもないわけではないので見ていく事にしましょう。

住宅を購入してデメリットになってしまうのは近所付き合いに問題が発生した時に引越しが出来ない点でしょう。賃貸住宅に住んでいれば近所付き合いに問題が発生した時に引越しをして対応する事が出来ますが、住宅を購入してしまうと引越しをするというわけにもいきません。住宅を購入した時は近所付き合いは上手にしていかなければいけないでしょう。